食卓を彩る、きざみねぎ

スタッフ一人一人が想いを込めて

a-51

アグリケーションのスタッフは一人一人が行う工程に責任を持って作業に取り組んでいます。
「アグリケーションのねぎ」というものに自信と誇りを持ち、お客様に安全で美味しいねぎをお届けするため、スタッフ一同徹底した衛生管理のもと作業に取り組んでいます。
すべては良いものをお客様に食べていただきたいという想いがあるからこそです。

kizami01

養土育があってこそのきざみねぎ

アグリケーションのきざみねぎは様々な料理で利用していただけるようサイズやカット方法を変えた様々なアイテムをご用意しております。調理方法ごとに使い分けていただくことができます。
きざみねぎに使用するねぎはもちろん自社栽培の「養土育」。
自社農場と自社工場のクリームルームでカット加工をしているので、鮮度はそのままに、美味しく召し上がっていただけます。
私たちのこだわりのきざみねぎは食卓の彩りにも大活躍です。

「まぁいいっか」は許されない。
だから、妥協しない。

アグリケーションのきざみねぎは独自で開発された機械で洗浄からカットしていますが、
機械だけに頼らず人の手や目による製品チェックが行われています。

徹底した洗浄

洗浄はスタッフの手作業で丁寧に行います。汚れをしっかり落とすことに細心の注意を払います。

目視でのチェック

商品の製品精度をスタッフの目で厳しくチェックしています。

金属探知機でのチェック

金属など異物があった場合は、金属探知機が見逃さないので、安心です。

機械での充填作業

充填機械で素早く充填することで、鮮度が保たれた商品になります。

徹底した衛生管理

自社加工場は、徹底した温度が管理された空間。アグリケーションのきざみねぎは、クリーンルームで作られています。
ドライではなく「生」でのみお届けしている理由も、この徹底した環境での製造があってこそなのです。

衛生管理

作業中も衛生管理には余念がありません。スタッフ一人一人作業着を正しく着用できているか、手袋の破れがないか、汚れがついていないか小まめにチェックをします。

洗浄の重要性

毎日の作業の中で最も時間をかけるのが機械の洗浄です。部品を分解し、細かい所までしっかり洗浄します。スタッフ全員が機械の洗浄チェックポイント、組み立て方を把握しているので、作業は的確です。

鮮度を保った物流で店頭へ

工場から出荷されたきざみねぎは保冷車で温度・品質・鮮度を保ったままセンターへ運ばれて各お店へ配られます。